ミノキシジルの発毛効果は実際に期待できる?

ミノキシジルは血管を拡張させ血圧を下げるための治療薬として開発されました。
治験を行った際に副作用として発毛効果が認められたため、その後研究が続けられ男性型脱毛症の治療薬として市販されることになったのです。
ミノキシジルは頭皮の血管に働きかけ、頭皮の血流を改善します。
髪を育てるために必要な栄養成分は血管を通って髪を生み出す毛母細胞へと送り届けられますので、血流の状態を改善することで太くしっかりとした髪を育てることができるのです。

ミノキシジルは現在様々な薄毛の治療薬に配合されており、大きく分けるとタブレット上の内服薬のタイプと、頭皮に直接塗布する外用薬のタイプの2種類に分類することができます。
内服薬のタイプは基本的に医師の診断により処方されますが、外用薬のタイプは一般的なドラッグストアなどで手軽に購入することができますので、実際に試したことがある人も多いのではないでしょうか。

外用薬のタイプとしては、日本ではリアップが幅広く使用されています。
ロゲインはリアップの元になった治療薬であり、現在は個人輸入などで入手することが可能です。
内服液のタイプは外用薬のタイプよりもさらに高い効果が期待できますが、効果が高い一方で強い副作用があらわれる可能性がありますので、医師の指示に従ってくれぐれも正しい用法と用量を守りながら服用するようにしましょう。

ミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)や厚生労働省の認可を受けた信頼性の高い薄毛の治療薬です。
ただし血管を拡張させ頭皮の血流の状態を改善することで発毛を促すため、その効果を実感するためにはある程度の期間継続して使用することが必要になります。
効果が実感できるまでの期間については個人差がありますが、平均では3カ月から半年程度が必要になるようです。
ミノキシジルは女性の薄毛にも効果を発揮しますので、まずは実際に継続使用をしてその効果を試してみることをおすすめします。

ミノキシジルの副作用は大丈夫?

ミノキシジルは血行を促進し、頭皮に栄養を行き渡らせることで発毛を促します。
発毛効果に加えて抜け毛の予防効果もありますが、服用開始後2か月目あたりに抜け毛が一時的に増えることがあります。
これは効き目の表れでもあり、しばらくすると本来の効果を発揮します。
ただし、発毛効果には個人差がありますので、期間や時期は人により異なります。

もともと高血圧治療薬として使われているミノキシジルは、毛細血管を広げ血行を促進するため、外用薬では塗布した場所の血行が良くなり、内服薬では全身の血行が良くなります。
女性用の育毛剤としてもミノキシジルを含む商品の効果が認められていて、女性用ロゲインは外用薬としてのみ使われますが、新しい毛の発毛を促進させる働きがあり、特に壮年性脱毛症における発毛促進や抜け毛の予防に効果を発揮します。

他にも内服薬のミノキシジルタブレットや、外用薬のアクタビス・ローションタイプのカークランドもミノキシジルを含む発毛剤で、AGAの特徴である頭頂部の薄毛に効果を発揮する商品とされています。
効果が出始めるまでに多少期間を有するため、最低でも4か月は継続使用することが望ましいようです。

ミノキシジルの成分を含む発毛剤は、外用薬でも薬剤師に相談したうえで購入するとされ、内服薬では医師の処方が必要です。
効果が期待される薬でもあり、副作用に注意が必要な薬でもあります。
効果を感じている人が多いとはいえ、なかには効果を実感できない人もいるため、万人に効くとは言い切れません。
また外用薬と内服薬では副作用の症状も異なり、それぞれの注意点を理解して少しでも症状が現れた場合には、使用を中止し医師の診察を受けることが必要です。

フィナステリド配合のジェネリック医薬品の種類は?

目次1 国内製ジェネリックと海外製ジェネリックの違い フィナステリドとはAGA治療薬に配合される主成分のことで、薄毛を引き起こすと言われている男性ホルモンを減らす効果があります。 ...

プロペシアの副作用の一つ「初期脱毛」の内容は?

目次1 その他の副作用や服用時の注意点 プロペシアには、副作用の一つに初期脱毛という代表的な症状があります。 初期脱毛は文字通り、プロペシアの服用を始めた初期に発生する脱毛を指します。 ...

成分ケトコナゾール配合のシャンプーは薄毛に効く?

目次1 ケトコナゾールの内服タイプも薄毛に効果ある? AGAへの対策法の仕方と言えば内服薬や外用薬を用いるのがベーシックとされています。 ...

脂っこい食べ物はAGAの原因に!?食事を改善する

目次1 AGAに効果のある食べ物(レシピも公開) AGAを発症する原因は様々ですが、大きく影響するのが毎日の食事です。 ...