成分ケトコナゾール配合のシャンプーは薄毛に効く?

AGAへの対策法の仕方と言えば内服薬や外用薬を用いるのがベーシックとされています。
しかしその他の対策法としてニゾラールシャンプーを用いるという方法もあり、薄毛に悩める人たちから注目されているのです。

ニゾラールシャンプーの特徴はケトコナゾールという成分を含んでいる点にあります。
カビの仲間でもある真菌を抑制する効果を持ち、真菌が起因するフケ症対策として用いられています。
本来は頭皮トラブルを改善するためのシャンプーのため、AGA対策を専門に活用する物ではありません。
しかし薬理試験によって、ケトコナゾールには男性ホルモンを抑制する力があることが分かり、それからシャンプーによるAGA対策ができるとして認識されるようになりました。

AGAに対する効果に期待ができる具体的な仕組みに、ケトコナゾールにはDHTを抑制する働きがあるからとされています。
DHTは男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が結合することで産生されます。
この物質の特徴はヘアサイクルを見出してしまう点にあり、本来の成長サイクルを狂わせ毛髪の成長を短縮させてしまうのです。
細く短い毛髪しか育たなくなることでAGAの症状が顕著に表れます。
ケトコナゾールには5αリダクターゼを抑制する働きに期待ができますので、その効果によってAGAの問題を引き起こしているDHTの産生をブロックし、脱毛の回復に繋げるというメカニズムです。

シャンプーによる対策ができるのはAGA患者の大きなメリットですが、ただ日本ではニゾラールシャンプー自体が未認可という問題があります。
それゆえに国内の殆どの病院では処方を行っておらず、無論ドラッグストアや薬局などでも購入することはできません。
入手の仕方としては個人輸入代行を利用するのが一般的です。
海外からの購入の場合は未認可の医薬品でも買うことが可能でニゾラールシャンプーも例外ではありません。

ケトコナゾールの内服タイプも薄毛に効果ある?

男性の薄毛の多くはAGAなどと言われていますが、漏性皮膚炎などにより抜け毛がひどくなって薄毛になるケースもあります。
脂漏性皮膚炎はマラセチアと呼ぶ真菌の一種が脂腺から分泌される皮脂を栄養源として増殖するのが特徴で、皮脂量が増加するとマラセチアが増殖してしまい、かゆみやフケなどの症状を引き起こします。

分泌が行われた皮脂は、汗と一緒になって皮膚の表面に皮脂膜を作り出し有害物質の侵入や感染予防に役立てます。
皮脂の成分の一つでもあるトリグリセリドが分解された遊離脂肪酸は皮膚を刺激する、マルセチアが増殖すると皮膚の炎症が生じやすくなる、大量の皮脂や丸瀬チアが毛穴にあるジヒドロテストステロンの毛母細胞の働きを抑制させて薄毛を導く事になります。
一般的に抜け毛を食い止めるためには皮膚炎の治療を行う必要がありますが、治療にはステロイド剤が使用されます。
しかし、ステロイド剤は長期使用が出来ないなどからも抗真菌作用を持つケトコナゾール外用薬などが処方されます。

ケトコナゾールはニゾラールクリームやニゾラールローションとも言われている医薬品で、水虫やガンジタ菌などの様々な真菌に対しての抗菌作用を持ちます。
但し、内服薬ではないので身体全体に医薬品の作用が回らない、ケトコナゾールは皮膚表面の角質に対して作用するもので、真皮部分にはほとんど浸透しません。
ちなみに、ケトコナゾールは血液中に入り込まない、大きな副作用が生じないなどからも保険適応の治療薬です。
シャンプーなどにも配合が行われているものもあり、薄毛を防止する効果を期待出来るなどからも注目が集まっています。
ちなみに、ケトコナゾールには内服薬もありますが、内服薬は副作用のリスクが高いなどからも日本国内では未認可薬になっています。

フィナステリド配合のジェネリック医薬品の種類は?

目次1 国内製ジェネリックと海外製ジェネリックの違い フィナステリドとはAGA治療薬に配合される主成分のことで、薄毛を引き起こすと言われている男性ホルモンを減らす効果があります。 ...

プロペシアの副作用の一つ「初期脱毛」の内容は?

目次1 その他の副作用や服用時の注意点 プロペシアには、副作用の一つに初期脱毛という代表的な症状があります。 初期脱毛は文字通り、プロペシアの服用を始めた初期に発生する脱毛を指します。 ...

成分ケトコナゾール配合のシャンプーは薄毛に効く?

目次1 ケトコナゾールの内服タイプも薄毛に効果ある? AGAへの対策法の仕方と言えば内服薬や外用薬を用いるのがベーシックとされています。 ...

ミノキシジルの発毛効果は実際に期待できる?

目次1 ミノキシジルの副作用は大丈夫? ミノキシジルは血管を拡張させ血圧を下げるための治療薬として開発されました。 ...